2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ハリケンブルーを捕獲。

1 :名無しさん@ピンキー:03/05/07 23:37 ID:+6FWCiYD
 お前らはハリケンブルーを捕獲した!さてお前らなら
この少女をどう料理する?思う存分、書きまくれ!

775 :名無しさん@ピンキー:04/09/23 22:19:06 ID:Mcgoh3Pq
モーマンタイ

776 :名無しさん@ピンキー:04/09/23 22:20:27 ID:Mcgoh3Pq
スマソ あげてしまった

777 :名無しさん@ピンキー:04/09/24 04:27:46 ID:Lua53LxE
>>774
おれてきにはあり

778 :名無しさん@ピンキー:04/09/26 06:40:52 ID:4LPD1ULv
待合室。
体に密着した青い光沢のあるスーツを着込み、長澤奈央は一人部屋の真ん中で待ち時間が空けるのを待っていた。
深夜まで及んだ撮影に長い待ち時間が生ずるのは珍しい事ではなかったが、
一人で、それもこんな格好で長い時間を過ごすのは初めてだった。
この姿ではトイレにも容易にいけない。ご飯も食べられない。待つ他にする事はなかった。
部屋に備え付けられた鏡に移った自分を見やる。
恥ずかしさや、今後への不安や、日常のストレスがそうした隙を生んだのだろう。
…――――――だから、それは確かに魔が射しただけの事だったはずだった。
青いスカートを捲り上げるようにして青い布に包まれた自らの秘部に指を這わせていく。
「…はぁ、ふぅぅ――…」
最初は核心を外れた部分をゆっくりと。次第にその円を縮めていき、やがてその細い二本の中指で割れ目を上からなぞって行く。
「んっ! んっ!! んっっ!!!」
唇を強く噛んでもれる声を抑えようとする。
強く擦り付ける太股と太股の間で秘部がうっすらと湿っていくのが分かる。
なまじ、薄布を隔てている事が逆に奈央の高ぶりを招いた。焦らされている様な感覚に襲われる。
もう、腰が砕けて力が入らない。空いている左手で畳を抑え、身体を支えた。
勢い、股が開かれる状態となる。忍者の鎖帷子を模した編みタイツに覆われた奈央のすらりと長い脚が露わとなる。その奥で白いグローブに覆われた奈央の指が、まるで別の生き物の様に次第に速度を増しながら執拗に奈央の股間をしごいた。


779 :名無しさん@ピンキー:04/09/26 06:41:47 ID:4LPD1ULv
たちまちの内に室内にグチュグチュと卑猥な水音が響き始めた。
(駄目――!!)
衣装を汚してしまう。頭では分かっていても鏡の中で両脚を大きく割いた状態で自慰に耽る自分に引きずられ、悩ましいため息が白い吐息を伴って吐き出された。
「うぁっ! んぅっ!!!…はぅっ!」」
長澤の下半身が耐え切れず、くねり始める。勝手に身体が震えて自由にできない。
ぶるぶると、太腿が筋を立てて震え続ける。額にうっすらと汗が乗り、まだ少女の面影を残すその顔は赤く紅潮している。空色のパンティはその中心を暗い紺色に染めていた。
――彼女は気付かない。自らが選択したと思い込んでいるその秘め事が、実は仕組まれたものであった事に――
「あ、あ、あ…あゥッ! うぅ…ッう!!」
奈央はもう自慰に夢中だった。股間に意識が集中し、その他のことなどどうでも良くなっていた。奈央の腰が浮き、視界が白く覆われはじめる。


780 :名無しさん@ピンキー:04/09/26 06:45:00 ID:4LPD1ULv
「っッッ!!!」
全身が弓のような美しい曲線を描いて反り返る。
一瞬の静寂。
その瞬間、七海の背筋がピンと伸びた。
「っっっっッッ―――…!!!!」
仰け反ったまま全身を強張らせ、きつく歯を食いしばる。
次の瞬間。
プシャッ!!! プシャァァァァァアアアアアァァァァ――――!!!!!!!!
最大級の波を向かえ、奈央の顔に悦楽の表情が表れる。
が、それだけでは終わらない。奈央の意思に反して律動が起こる。
「あんっ!…あんっ!!……あぁん!!」
びくッ…びくッ…びくくッッ!!
腰の煽動に呼応するようにたまりたまった奈央の股間から白濁した精液が放たれる。
プシャッ! プシャッ! プシャッッ!!

「はぁ…はぁ、はぁ………はぁ――…」
射精を終え、満足げな表情を浮かべる。
その一部始終を、黒いカメラに取り付けられたレンズが捕らえていた。





781 :名無しさん@ピンキー:04/09/26 10:26:42 ID:UOqhm7ZI
age

782 :名無しさん@ピンキー:04/09/26 15:48:33 ID:bPbsvkpx
愛液って白く濁るもんなん?

783 :名無しさん@ピンキー:04/09/26 16:19:35 ID:r9zk/QKH
体調が悪くておりものと混ざるれば・・・・

784 :名無しさん@ピンキー:04/09/27 17:31:39 ID:LYBWq2Hl
申し訳もありません…
しかも一箇所「七海」になってるし…
以後、気をつけます。ところで、何かリクがあればどうぞ。

785 :名無しさん@ピンキー:04/09/27 20:46:21 ID:wUYaMi3B
あなたの思うとおりに突っ走ってくれればそれでよし。
下手にリクエスト募ると自分の妄想と相手の妄想がぶつかりあって空中分解しちゃうぞー。

ちなみに上の小説、折れ的には最高でした。

786 :名無しさん@ピンキー:04/10/03 23:19:15 ID:azzmU8oC
あげ

787 :名無しさん@ピンキー:04/10/17 14:42:46 ID:4lUCSYZ9
とりあえず、「射精」って言葉は男にしか使わない。

788 :名無しさん@ピンキー:04/10/19 14:25:13 ID:dn0BKFto
藍色戦士の危機的状況

789 :名無しさん@ピンキー:04/10/25 08:53:56 ID:NYEDXbbe


790 :名無しさん@ピンキー:04/10/27 01:37:10 ID:5Itkyxz1
>>768マダー?

791 :名無しさん@ピンキー:04/10/30 22:47:34 ID:81uaqYI/
あげ

792 :名無しさん@ピンキー:04/10/31 11:46:44 ID:/0BDs25t
10月10日。
渋谷・WOMBの横に立てかけられた『長澤奈央ファン感謝イベント長澤祭り』の文字が踊る小さな看板。
長澤奈央による長澤奈央ファンのための長澤奈央度100%イベント・長澤祭りが開催される会場となる。¥抽選による無料招待イベントのため、入場できたのは当選した約500名のファン。
イベントスペースに対して収容する人の数が多すぎるのか、狭い会場内でひしめく人々の賑わいが熱気を伴ってフロア全体を覆っていた。

控え室

『イベント頑張ってね、応援してるよ。アズ』

山本梓から送られてきたメール開き、目を通す。返信で御礼のメールを打ち、時刻の表示を見やる。もう間もなく本番だ。
「よぉ〜〜し! 頑張るぞ」
一人、気合を入れ立ち上がる。
横に置いてあるハリケンブルーの衣装に手をかけた。


793 :名無しさん@ピンキー:04/10/31 11:47:05 ID:/0BDs25t
皆さんご一緒に、ジーク・奈央!」
長澤とハリケンジャ―で競演している、てるやひろしの音頭で500人が主役を呼ぶ。
「「ジーク奈央! ジーク奈央!!」」
「「ジーク奈央! ジーク奈央!! ジーク奈央!!! ジーク奈央!!!!」」
「「ジーク奈央! ジーク奈央!! ジーク奈央!!! ジーク奈央!!!!ジーク奈央!!!!!」」
会場全体を震わすほどのシュプレヒコールを舞台袖で聞きながら、奈央はスタッフからマイクをもらい、歩を会場へと進めた。
身体にぴったりと張り付いた光沢のある青いスーツを纏い、本日の主役長澤奈央がファンの前に姿を表した。
「ジーク・奈央! ジーク・奈央!!」
会場のファンにあわせて拳を振り上げながらマイクに向かって叫ぶ。
この日は忍風戦隊に出演し人気急上昇中のアイドル―長澤奈央のイベントと言う事で多数の取材陣が会場のいたるところで奈央にカメラを向けていた。

「みんなぁ―――!!今日は来てくれてどうもありがとう、きょうの気持ちは、テキエロムーチョ!!!!!」
“愛してる”の意のスペイン語での奈央の感謝の言葉に会場から一斉に歓声が上がった。


794 :名無しさん@ピンキー:04/10/31 11:47:57 ID:/0BDs25t
イベントは滞りなく進み、写真撮影会の前に奈央のシークレットフィルムが上映されることになった。事前の打ち合わせでは、これは来月発売するイメージDVDの先行公開になる予定だった。
舞台後ろの巨大スクリーンの『長澤祭り』の文字が消えていき、やがて映像が表示されてゆくのを見るうちに、奈央の顔から血の気が引いていった。

『あ、あ、あ…あゥッ! うぅ…ッう!!』

巨大な画面いっぱいに両脚を広げ、股間をまさぐる自分の姿。
悦楽に酔いしれたその表情は淫女のそれだった。おまけに、着ているのはハリケンブルーのスーツだ。
「なに、これ―…? どうやって??」
疑問が幾つも思考の水面(みなも)に波紋を広げた。
画像は紛れもなく長澤本人であることに間違いはなかった。
憶えがなくとも他人には絶対に見られたくない羞恥行為を撮影されてしまった。
それも、ハリケンジャーの衣装を着た自分に欲情したというとんでもないシチュエーションで、だ。ビデオの中ではハリケンブル―の格好をした長澤が懸命に股間を二本の指でまさぐっている。
『気持ちいいの、奈央?』
『ん…はぁ、…ふぅ…はうっ!…あっ…あぁ――…』
茶色いグローブに包まれた腕が画面に登場し、奈央の股間を指で刺激した。
『あうッ! うンッ! あぁ・あ・あ・あぁ…』
どぷり、と
 新たな愛液が長澤の股間から湧き出て滴り落ちる。しとどに濡れそぼったそれは藍色のパンティでは、もう抑えきれないほど溢れ出てしまっていた。
『臭っさぁぁ〜〜〜! 自分で味見てみなさいよ』
液体に色を濃くした暗い色の人差し指が奈央の半開きとなった口部に挿入される。
『うっ! はむ…はふ…』
『美味しい?』


795 :名無しさん@ピンキー:04/10/31 23:57:58 ID:TG6X7ykl
age

796 :名無しさん@ピンキー:04/11/13 00:10:48 ID:P9oXRz8U
age

797 :名無しさん@ピンキー:04/11/17 00:28:01 ID:LmOqEVNq
何度目かのほしゅ

798 :名無しさん@ピンキー:04/11/18 15:25:59 ID:mqYNsmGH
age

799 :名無しさん@ピンキー:04/11/21 02:40:51 ID:Sl4J7zYM
ネ申求む

800 :名無しさん@ピンキー:04/11/22 04:05:46 ID:CXjFI5Tt
ウエンディーヌとフラビージョの奴隷にさして下さい。

801 :名無しさん@ピンキー:04/11/22 20:10:08 ID:V24k66z2
神マダー?

802 :名無しさん@ピンキー:04/11/28 23:26:56 ID:u+UW7C5B
サークルAVのHPが突然なくなっとる

803 :名無しさん@ピンキー:04/11/29 20:01:05 ID:qm9nU0Cj
あらま

804 :名無しさん@ピンキー:04/11/30 01:42:02 ID:016pn4Pl
と思ったらサイトの新装してた。

805 :名無しさん@ピンキー:04/12/10 16:10:37 ID:bAv1gQk/
age

806 ::04/12/10 20:17:22 ID:GK3wULwe
「ちょっと・・・駄目だって!」
「ごめん・・・理性聞かしてんだけど・・・」
「んっ!あ・・・」


しんで来る・・・

807 :名無しさん@ピンキー:04/12/14 19:49:11 ID:w9Yx/1NP
さげ

808 :名無しさん@ピンキー:04/12/16 12:00:54 ID:rOW8VOBe
U:「よくも私等に恥を掻かせてくれたわね。この仮は返すわ。;
F:「そうよ、特に野乃七海特に貴女をね。」
U:F「今度私達が降りた時貴女の最後。」

809 :名無しさん@ピンキー:04/12/17 00:26:23 ID:Mb7liYy8
おいちょっと待てw
こっちは勘弁してくれ

810 :名無しさん@ピンキー:04/12/22 23:37:08 ID:8n6L2VJ1
  U:F「そんな事言うともう降臨するわよ。だって私等ジャカンジャですもの。」

811 :名無しさん@ピンキー:04/12/24 23:11:17 ID:K6YcWdMf
http://taikichu.com/photo/cosplay/html/80605.html

812 :名無しさん@ピンキー:04/12/26 15:32:03 ID:KpW1y0UK
U:「私ウエンディーヌのコピージャイアントロボを倒せるかしら?
   断っとくけどジャカンジャにいた時のコピージャイアントロボと少し違うわ。」
F:「私等フラビージョ帝国はジャカンジャで優れた者(ウエンディーヌ・フラビージョ)が建てた国なのよ。」

813 :名無しさん@ピンキー:05/01/07 08:12:46 ID:k1kKcp59
サークルAVの号外、今回はデカでした・・・残念!! 

814 :名無しさん@ピンキー:05/01/07 22:02:46 ID:fqFzmr+l
U:F「私等の分身達よ、恐ろしさを教えてお上げ。」
U:「分身達だけでは心許ないわ。私も行くしかないわ。フラビージョ貴女はどうする?」
F:「私はこの帝国で留守番してるわ。でも私の部下を連れてって。」
U:「貴女の部下って?」
F:「この娘よ。私の部下スノービーよ。負ければ貴女のコピージャイアントで無敵に変身するわ。」
U:「じゃあ、私達が人間界で揃うのも時間の問題ね。私達が揃った時はハリケンブルー野乃七海の最後と言うわけね。」
F:「そうよ、邪魔が入らないように結界を張ってね。」
U:「やっぱり貴女は悪の天才。私のライバルだけの事はあるわ。」
F:「お褒めに預かり恐縮よ。」




815 :名無しさん@ピンキー:05/01/08 09:42:33 ID:cBgDU/OZ
F:「貴女ほどじゃないけどね。」
U:「私等が合体したら天下無敵よ。私の美貌と貴女の忍術が備わるんですもの。」
F:「そうよ、ハリケンブルー野乃七海は私達に手出し出来ないわ。」
U:F「よってハリケンブルー野乃七海は私達の奴隷よ。」
F:「ウエンディーヌさんその為にはハリケンブルーを誘きだしてくれる?」
U:「言われるまでもないわ。そのつもりよ。」
U:F「これでハリケンブルー野乃七海も年貢の納め時ね。首を洗って待ってなさい。」
U:「スノービー行くわよ。着いたら暴れなさい。ハリケンブルーを誘き出す為に。」
SB:「御意。」
SB:

816 :名無しさん@ピンキー:05/01/08 11:51:51 ID:+zHv+aII
ウェンディーヌはWじゃないの?

817 :名無しさん@ピンキー:05/01/11 11:35:13 ID:VF3ajAwV
SB:「ハリケンブルー出て来なさい。さもないと一般人を見殺しにするわ。」
一般人:「きゃあ助けて、ハリケンブルー。」
七海:「私が行かないとみんな殺されるわ。」



818 :名無しさん@ピンキー:05/01/11 14:26:49 ID:VF3ajAwV
鷹介:「待て、これは罠だ」
吼太:「七海、行くな。」
七海:「でも私が行かないと一般人が巻き込まれるわ。」
吼太:鷹介:「それなら俺達も付いて行くが良いか?」
七海:「ええ良いわよ。でも敵に気付かれないでね。」


819 :名無しさん@ピンキー:05/01/12 16:18:42 ID:FbIItCDQ
七海:「止しなさい、お望み道理来たわよ。」
SB:「仲間を連れてね。そんなのどうでも良いわ。私の自己紹介をするわ。
フラビージョ帝国のフラビージョ様の配下スノービーと言うのよ。」
七海:「如何してそれを?」
SB:「貴女も馬鹿ね。肉眼で見えない宇宙蜂を飛ばしたからに決ってるからじゃない。」
七海:「卑怯者。」
SB:「そんな事言うなら皆で攻撃して来て構わないわ。どうせ私の勝に決ってるけど。」
七海:「余裕ね」
SB:「あれ、さっき言わなかったけ?負ければ負けるほど強くなるって」

820 :名無しさん@ピンキー:05/01/13 15:38:29 ID:fBEsQr0D
七海:「どういう意味よ?やられたら強くなるって?」
SB:「一度やられたらその人の癖が分かるのよ。だから二度目は同じ手は通じないのよ。グハ、これで貴女の負け確定ね。」
七海:「そんな脅しに乗るか。」
U:「果たして脅しかしらね?」
七海:「あ、貴女ウエンディーヌ。如何してここに?」
U:「さあ、どうしてかしら?あ、そうそうスノービーの言ってた事脅しじゃないわ。見てなさい。コピーロボ発射。
   コピーロボもジャカンジャ時代とは違うわ。スノービーをコピーしなさい。」
「了解」
七海:「ロボットが喋った」




821 :名無しさん@ピンキー:05/01/16 16:26:30 ID:F+34LG/f
U:「驚くのはまだ早いわ。これからもっと驚くわ。そんなのに比べたらこんなの序の口よ。」
F:「そうよ、七海。私が分かる?」
七海:「貴女はまさかフラビージョ?倒したはずの貴女がどうして?」
F:「決ってるじゃない、貴女を地獄に送る為よ。」
U:「それだけじゃなく極楽にもね。最初は地獄の苦しみが良いわね。」
F:「さあ、貴女はこれから私等の玩具になって貰うわ。」
七海:「貴女等の玩具ですって?」

822 :名無しさん@ピンキー:05/01/20 12:06:51 ID:jNNzQXyK
F:U「「甦るのよスノービー。ロボットとなり」」
七海:「何を又倒してやるわ。」
F:U「「貴女馬鹿?もう貴女の行動は計算されてるのよ。二度目は貴女が倒されるのよ。
倒されたくなかったら私等に降伏しなさい。」」
七海:「冗談言わないで。」
F:U「「そう、じゃあお仲間をヘッドハンティングするけど、それでも良いの?」」
七海:「や、止めて。降伏するわ。何でも言う事聞くわだからお願い。」


823 :名無しさん@ピンキー:05/01/20 15:57:22 ID:jNNzQXyK
F:U「「そう、何でも言う事聞くの?その言葉に偽りは無いわね?」」
七海:「ハイ」
F:U「「じゃあ、鷹介さんたちをそのソニックメガホンで地獄に落としてもらおうかしら?
     リクエストして上げる。鷹介、吼太セックスしなさいなんてどう?」」
七海:「ハイ、私は否定できません。」ソニックメガホンで『鷹介、吼太セックスしなさい。』」と命令したら、
吼太:「何をする鷹介?」
鷹介:「吼太こそ何をする?」


824 :名無しさん@ピンキー:05/01/20 22:50:40 ID:jNNzQXyK
U&F「「アハハこれが伝説の勇者?惨めね。そうでしょ七海」」
七海:「ハイ」
U&F「「いい娘ね、貴女のその武器で世界を混乱の渦に陥れるのよ。」」
七海:「御意」

356 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)