2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

少女漫画・少女小説全般スレ 3

1 :名無しさん@ピンキー:04/06/06 22:17 ID:A0ky4zpK
ここはスレのない女性向けの少女漫画や少女小説のエロパロスレです。
801は801板に行ってください。
メジャーからマイナーまでみなで一緒に萌えましょう。
自分の知らない作品が出てきても文句はつけないで下さい。
荒らしにはスルー奨励。マターリマターリ。

(過去スレ)
少女漫画・少女小説全般スレ 2
http://pie.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1076766215/
少女漫画・少女小説全般スレ
http://www2.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1065972434/
まさかこのキャラをエロに使うか!?
http://www2.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1027604556/

現時点でスレのある作品はこちら。



290 :のだめ×千秋:04/09/29 01:23:17 ID:ghS7l9Cc
のだめと別れて3ヵ月。
「ったく…ミルヒーめ…」
午前二時。千秋は今、やっとパリのアパートの前に辿り着いた。本当はもっと早くパリに着いていたのだが、ミルヒーの
「打ち上げデース!」と言う言葉と同時に“one more kiss”に強制連行されてしまったのだ。隙をみて抜け出したが、足元はふらつき、二回転んだ。
(のだめはもう寝ているだろうか…)
あれから三ヵ月、のだめとは殆ど連絡を取っていなかった。巨匠の一挙一動を目に焼き付け、吸収することで精一杯だった。しかし、のだめのことは、昼は忘れていても、疲れ切って夜、ベッドに横たわった時に頭に浮かんでくることはたびたびあった。
(あいつ、一人でがんばっていただろうか…)

291 :のだめ×千秋:04/09/29 01:31:37 ID:ghS7l9Cc
(オレがいなくてもちゃんとやっていたら、少しはほめてやるか…)
ふらつきながら門を開け、階段を上っているうちに、のだめに鍵を預けていたことを思い出した。
(…仕方ない)
千秋はのだめの部屋の前に立ち、ドアをノックした。
「のだめ、起きてるか?」
…物音はしない。千秋は少し大きな声で呼び掛けた。
「のだめ!オレだ、千秋だ!」
ガチャッとドアが開く音がし、のだめが姿を見せた。しかし、のだめが出てきたのは、のだめの部屋でも、千秋の部屋でもなかった。フランクの部屋から出てきたのだ。
「ふおぉ…先輩!お帰りなさい!」
なぜこんな時間にフランクの部屋から…。

292 :のだめ×千秋:04/09/29 01:40:38 ID:ghS7l9Cc
「先輩!今日帰ってくるなら連絡してくだサイよ!迎えに行ったのに!!今、フランクとプリごろ太の新作映画を見てたんデス!」
(元気そうじゃねーか…)
ほたるのだめにでも、なってはしないかと心配していた千秋は気が抜けた。と、同時になんとなくムカーッとしてきた。
「この三ヵ月、遊んでばっかりいたのか!?ピアノはどうしたんだ!?」
のだめに詰め寄った途端、異臭が鼻をかすめた。
「お前…また風呂に入ってねぇだろ!来い!!」
「まだプリごろ太が途中なんデス!」
「うるさい!とにかくオレの部屋を開けろ!」
千秋は部屋の前までのだめを引っ張って行った。

293 :のだめ×千秋:04/09/29 01:50:53 ID:ghS7l9Cc
千秋の部屋は床が見えなかった。かろうじてソファに座れるくらいだ。予想はついていたものの、疲れがどっと出てきた。
「とりあえず風呂に入れ!早く!!」
ピアノにかかっていたバスタオルを投げ付け、のだめを風呂に追いやる。
「あいつはオレがいなくても、普通に元気そうじゃねーか」
(またプリごろ太の話で、ずっとフランクと楽しく…)
開封してないワインボトルを見付け、ビンから直接飲む。
「先パーイ、演奏旅行どうでした?」
バスタオル一枚で出てきたのだめを見て、千秋はワインを吹き出した。
「お前…もーちょっと何か着ろよ!人間の文化を捨てるな!」
「今、洗濯してて…」
「限界に達するまでに洗濯しろ!!」


294 :のだめ×千秋:04/09/29 01:57:11 ID:ghS7l9Cc
千秋は酒に酔った勢いで怒鳴った。
「何なんだよお前は!男の家にこんな夜中までいたり、ずっとオレが心配してたのに相変わらずプリごろ太かよ!!」
そこまで言って千秋は口をつぐんだ。
(…オレ、嫉妬してるみてーじゃねーか!)
「…でものだめ、頑張ったんデスよ?毎日毎日ずっとピアノばっかり弾いてたから、フランツが心配して、気分転換にプリごろ太の映画を見ようって誘ってくれたんデス。」
…確かに頬がこけて、影ができている。鎖骨も大きくでて、肩も華奢に…。
(こいつも頑張ってたのかな…)

295 :のだめ×千秋:04/09/29 02:03:25 ID:ghS7l9Cc
千秋はのだめの頭をつかむと、乱暴に胸元に抱き寄せた。
「ふぎゃっ」
どうやら鼻が当たったらしい。
「ぶっ」
のだめらしくて、つい吹き出してしまった。
「先輩、お帰りなさい…。のだめがいなくて淋しかったデスか?」
「別に」
「ぎゃぼ…ひどいデスね!」
顔を上げたのだめは涙ぐんでいた。
「のだめは…先輩がいない間、淋しかったデスよ!でもピアノを頑張って…先輩に少しでも追いつこうと思ったんデス!」
のだめの頬に涙がこぼれた。
「なにも泣くことないだろ…」
千秋は指で涙を払い、頬に手を当てた。
「…嘘だよ。オレも少しは…淋しかったよ」

296 :のだめ×千秋:04/09/29 02:10:54 ID:ghS7l9Cc
のだめがじっとこっちを見ている。
千秋は頬に当てた手をのだめごと引きよせ、キスをした。
「…会いたかったよ」
千秋が言い慣れない言葉に照れてうつむくと、今度はのだめから唇を重ねてきた。クラクラする。酒のせいか?千秋はのだめの背中に手を回し、ソファに寝かせた。のだめが、
「うきゃっ」
と小声でつぶやくのが聞こえた。千秋がぷっと吹き出す。クスクスと笑いながらのだめの額、頬、耳、首すじ、鎖骨とキスを続ける。くすぐったいのか、のだめが身をよじると、バスタオルがずれ、形の良い右胸があらわになった。

297 :のだめ×千秋:04/09/29 02:20:46 ID:ghS7l9Cc
「ぎゃぼ!」
真っ赤になってバスタオルを引き上げようとする、のだめの両腕を頭の上で押さえ付け、キスしながらバスタオルを取って投げる。
(やっぱDカップって…でけーんだな…)
のだめは恥ずかしいのか、目をぎゅっとつぶったままだ。しかし、もう抵抗する気はないらしい。千秋は右胸の乳首を舐めた。のだめがびくっと体を震わせる。口の中で優しく、舌で突いたり歯で甘噛みされるたび、固さを増してゆく。左も指でそっと撫で、転がす。
「…っ!」
のだめは声も出ない。そして千秋は右手をわき腹に這わせつつ、下へ。下着の上から触れると、既に湿っているのがわかった。

298 :のだめ×千秋:04/09/29 02:28:41 ID:ghS7l9Cc
上から手を入れ、指で一番敏感な部分を探り当てる。
「ふぁ…先輩っ…!」
始めは指の腹で優しく。のだめの奥から熱いモノが湧いて出てくる。次は円を描くように少しだけ強く指を動かす。
「のだめ…気持ちいいか?」
「ん…っ!ハ…イ…。」
足がピクピク動いている。のだめの下着を脱がせ、今度は舌先を這わせた。
「先輩!やめてくだサイ!それはだめデス!」
「風呂入ったんだろ?」
静まりかえった部屋に音が響く。
くちゅっ…ぴちゃ…ぐちゅ

299 :のだめ×千秋:04/09/29 02:35:50 ID:ghS7l9Cc
「や…ぁっ!もうだめデス!」
オレはのだめの頬にキスした。
「のだめ…オレも…もういいか?」
「…ハイ…」
オレは服を脱ぎ、のだめの一番熱く濡れた部分に押しあて、ゆっくり中に入れた。おそらく、のだめは初めてだったのだろう。唇を噛み締め、目もぎゅっとつぶっている。
「ゆっくりするから…」
「…ハイ」
のだめの首筋にキスしつつ、ゆっくり腰を動かす。

300 :のだめ×千秋:04/09/29 02:46:22 ID:ghS7l9Cc
のだめの目は閉じたままだ。
「のだめ、オレを見ろよ」
のだめがゆっくり目を開ける。
「のだめ…オレのことが好きか?」
腰の動かし方が知らず知らずに早くなってくる。同時にのだめの締め付けもキツくなってくる。のだめから溢れた熱い水滴は、オレが入るたびに押し出され、卑猥な音をたてる。水滴がこぼれ、ソファにしみ込んでいる。
「あっ…あ!好きデスよ…!」
その言葉を聞いて、オレは我慢ができなくなった。のだめの奥に当たるくらい、激しく動く。
「…オレもう…」
「あっ…のだめも…なんか変になりそうデス!」
次の瞬間、オレは痙攣し、のだめも体を大きく震わせた。

301 :のだめ×千秋:04/09/29 02:54:32 ID:ghS7l9Cc
しばらく落ち着くまでの間、千秋はのだめを抱き締めていた。
「のだめ…恵、オレもお前のこと…好きだからな」
千秋はぼそっとつぶやいた。
しかし返事はかえってこない。
「…え、のだめ…?」
顔を覗き込むと、のだめはすでに心地よさそうに寝息をたてていた。
「すぐに寝んなよ…。オレの話も聞けよ…。」
千秋はため息を吐きつつ、のだめの顔に寄り添い、いつのまにか一緒に眠り込んでいた。
しかし、パリはすでに寒かった。次の日、二人して風邪をひいて寝込んだのだった。
【終わり】

302 :のだめ×千秋:04/09/29 02:56:45 ID:ghS7l9Cc
エロのはずが…エロに行くまでに長々としちゃってすみませんでした。突如思いついたので書いてみました。次は他ののだめ作家さん、よろしくお願いします!

291 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.03.00 2017/10/01 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)